【お願い】貴方の力で、ヨウムを救おう!
すっかりご無沙汰しております。
早くも夏バテ気味のmaioです。

本日は、皆様にお願いがあって記事を更新しています。
以下、引用です。
c0121169_14123942.gif


製作者:World Parrot Trust

嘆願内容:
来週(2012年7月23日)、スイスにおいて少人数の集まりを
予定しており、いかに野生生物が世界中(CITES常任委員会) で取引ができるか、そしてできないかに関する取り決めについて話し合い、何千もの野生のヨウムの運命について決断をくだす予定です。

とりわけ、コンゴ(ヨウムを輸出している最大の輸出業者の
一つ)では、ヨウムを合法的に捕獲することを続けて、アジ
アや中東に販売をすることを望んでいます。
捕獲数は限度の5000羽を大きく上回っています。
そして、カメルーンでは、この鳥種に関しての輸出割当は
ゼロとなっているにもかかわらず、過去4年間で、
合計5000羽以上のヨウムが輸出されており、その記録も
残っています。

今回踏み切ろうとしている決断は、毎年、数千ものヨウム
の運命を左右するものです。
国際的に絶滅の危機に瀕している種を苦難から守るためにも、 CITESに緊急に働きかける、今こそがチャンスです。

もし、私たちがCITESに、これら2つの国から取引差し止めの 要望を受け入れてもらえることができたら、これら数千の鳥たちを助けるだけでなく、野生のパロットたちにとっていい
方向に流れを変える手助けになります。

署名には、10000名の署名が必要です。

2012年7月22日23時現在 7600名の署名が集まっていますが、
まだまだ足りません!

どうぞ署名にご協力ください。
仲間や友人にもお知らせください。
そして、今現在、苦しんでいる数千羽の野生のパロットたち
を救う手助けをしてください!

≪署名方法≫
下記、URLにアクセスしてください。
http://www.change.org/petitions/urgent-petition-tell-cites-to-suspend-trade-in-african-grey-parrots

「Sign this petition(この嘆願書にサイン)」の下の欄に、
ローマ字で

 First Name(名)
 Last Name (姓)
Email(メールアドレス)
 Address(住所)
 City (都市名)
 Country(国)
 Post Code(郵便番号)
 Why are you signing? (署名の理由・こちらは任意で結構です)
以上をご入力の上、「SIGN」をクリックしていただければ
署名完了です。

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


※文章はTSUBASA代表 松本壮志さまのFacebookページを引用させていただきました。
c0121169_14123942.gif


こちらのリンク先には、ヨウム達の写真がUPされています。
率直に申し上げまして、これを直視するのは少し辛いです。
そしてそれが、ヨウム達の「現状」です。

現在のサインは8,310名。
目標の1,0000名まであと1,000名以上の方のご協力が必要です。
もしこの記事に賛同して頂ける方がいらっしゃいましたら、上記リンクよりサインをお願い致します。

小桜チャン!!ネル管理人 maio
[PR]
by cozakura-maio | 2012-07-23 14:20 | 愛鳥インフォメイション
にほんブログ村 鳥ブログへ 人気ブログランキングへ
小桜チャン!!ネル on Twitter
カテゴリ
検索
外部リンク
タグ
ファン
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧